シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

セヒとタロ

『絶対の愛』

 主人公の女性の名前、整形前が 세희 で、整形後が 새희 。字幕では前者を「セヒ」、後者を「スェヒ」としていた。通常のカタカナ転写だと、どちらも「セヒ」となるところだが、名前が微妙に変わっていることを伝えるために、無理矢理こうしたと思われる。字幕翻訳者の苦労が偲ばれるところだ。

 ところで、整形後の 새희 の 새 には「新しい」という意味がある。새로운 세희(新しいセヒ)、略して 새희 という意味合いなのかしらん? たぶん、そういうことなのでしょう。


『覆面タロ』

 今年、韓国で公開された新作。原題は『복면달호』。

 日本映画『シャ乱Qの演歌の花道』のリメイクだが、日本版には「覆面太郎」というキャラが出てくる。韓国版の原題は、このキャラの名前をもじって付けられたもの、と人から聞く。ネットでは『覆面ダルホ』と訳されているケースが多いようだが、オリジナルに敬意を表して『覆面タロ』としたほうがベターか? でも、長母音も付けて『覆面タロー』とするのはやり過ぎ???
[PR]
by seochon | 2007-04-03 15:37