「ほっ」と。キャンペーン

シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 シネマコリアのサイトで何年も前からレビューを寄稿していただいている方が、ブログを始められました。

韓国映画の箱
http://tokyo2019.blog.so-net.ne.jp/

 以前からご連絡はいただいていたのですが、今日の今日までご紹介が遅れまして申し訳ないです。m(_ _)m

 去年の9月に開設されまして、以来24作品のレビューが掲載されています。シネマコリアHPのトップページからはバナー・リンクを、このブログの右側の「リンク」のコーナーからは文字リンクをはっていますので、以後、ご贔屓に。

 なお、さきほど、この方の『ファン・ジニ 映画版』『商師父一体:頭師父一体3』『パンチ・レディー』のレビュー

http://cinemakorea.org/korean_movie/column/column217.htm

を掲載しましたが、シネマコリアのサイトへの掲載は残り18作品で終了となります。それ以降の作品については、上記ブログに掲載されることになるかと思いますので、ファンの方はブックマークよろしくおねがいいたします。
[PR]
by seochon | 2009-03-10 04:21

さよならテハンノ

 シネマコリアのサイト「上映&放映情報」のページで、ロードショー作品のリストを更新しました。ぢつに半年ぶりのことで、これで完璧なのかどうかイマイチ自信なし。(^^; あれが抜けてるよーというのがありましたら、教えて下さいませ。

 で、今年のGW前後に新作韓国映画が連続公開されるんですが、その中でひときわ異彩を放つ作品が。

 それがコレ。

a0101620_1756857.jpg


 『テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる』でございます。

 2003年に劇場公開された映画なので、ロードショーと言っていいのかよく分からんのですが、とにかく映画館でちゃーんとレイトショー扱いになってます。どーゆーこっちゃねん?と配給元に問い合わせてみると・・・

 この作品、今年で権利切れなんだそうです。で、内輪だけの最終上映を開こうと思って映画館に一晩だけスクリーンを貸してくれないか?とふったところ、映画館側が乗り気になってしまって、そのままレイト公開決定となったようです。(^^;

 これってスゴクないですか? 権利切れ前の作品の最終上映をやるのはそれほど珍しいことではないのですが、一回二回上映して終わりじゃなくて、ちゃーんと何週間か公開するんですよ。ホ・ジノの映画が韓流シネマフェスティバルで上映されてしまうこのご時世に。

 やはり、本当に良い作品は時代を越えて受け入れられるのねーとは、この作品に限っては口が裂けても言えないんですが(冷や汗)、ま、前代未聞のすっとこどっこいなカルト・ムービー、これが見納めでございます。

 でも、『片腕マシンガール』がヒットしている今日この頃・・・ まかり間違って、2003年公開当時よりも、最終上映のほうが興収が多かった、とかなったらケッサクだな~

 劇場窓口では、<映画のタイトルを間違えずに言えたら割引サービス>をまたやる計画があるそうです。(^^; ワタシは韓国語でも言えますヨ。それが唯一の自慢です。(^^;;;

 ちなみに、『テハンノ~』はシネマコリアで日本初上映して、その後、劇場公開につながった最初の作品なんでございます。なーんてこと、ご存じでした?


『テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる』
 4月、新宿K's cinemaにてレイト公開
[PR]
by seochon | 2009-03-09 18:00
不足気味で、注文の際ご迷惑おかけしております。。。

 販売元に問い合わせたところ、

amazonで売り切れ→amazonが販売元に発注→納品→すぐまたはける→また発注

を繰り返しているようです。amazonが10枚ずつしか発注してくれないのが主たる原因で、爆発的に売れている!というわけではないのですが(^^;、でもでも! 着実に売れているようで感謝でございます。

 今も在庫が2枚ぽっきりになっていて、これがはけるとまた一週間程度お待ちいただくことになりますが、販売元がamazonと交渉してくださって、次は100枚単位で納品することになりましたので、来週末には十分な在庫がある状態になると思います。いつも在庫切れになっているので、宣伝も今のところシネマコリアのHPとこのブログだけでしかやってないんですが、来週からはメルマガ&他のネット媒体さんなどにも掲出していければと思っとります。


 さて、今週はシネマコリアの名古屋スタッフと久しぶりに会議を開きました。去年、シネマコリア2008をお休みしてしまったので、直に会うのは一年以上ぶりのスタッフもいたりで、まさに「お久しぶりですねー」状態。色んな話題で盛り上がったんですが、今後は特に用はなくとも定期的に会おうということになりました(笑)。皆、社会人で忙しいし、職場&住居ともに離れているので、何もしないとどんどん会わなくなっちゃうんですが、やはり実際に会うとあれこれアイディアも出やすいし、話しが前向きな方向に進みやすいんですよね。(^^

 というわけで、今後の方向性なども話し合われました。が、次に何をやるかは・・・まだ秘密でございます。


 あれこれ脈絡なく書いちゃいますが、3/5からソウルで日本映画『きみの友だち』

http://www.cinemacafe.net/official/kimi-tomo/ (日本版サイト)
http://www.yourfriends.co.kr (韓国版サイト:タイトルは『Your Friends』)

が公開されています。在韓の皆様、これ見ちゃってください。去年、ソチョンが映画館で二回以上見た映画は、この『きみの友だち』だけです。ものすごいロングショットの連続で、登場人物を顔で判別しずらく、一回見ただけだと人間関係が分かりづらいというのもあるのですが、それ以上にすっごく!いい映画だったので。一回見終わった後、映画館のスケジュール表を見ると、その日が最終日。その後の予定をキャンセルして、続けて二回見ちゃいました。お金もちゃんと二回分払いましたよ。二度とも観客は私一人でしたけど。。。

 じみ~な作品ですが、私の心のひだをいたく刺激しました。最近、日本では『おくりびと』一色ですが、鑑賞後、じんわり残る余韻はこの作品も負けてないです。韓国でこの映画を公開した人には一度会ってみたいですねえ。たぶん、無条件に気が合うと思うので。
[PR]
by seochon | 2009-03-07 19:37