シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 2年前から始まった立命館大学コリア研究センター主催による「RiCKS韓国映画フェスティバル」。招聘俳優を決めてからその出演作を特集上映+シンポジウムを開くというイベントですが、今年はアン・ソンギ特集です。もちろんご本人も来日してトーク&シンポに登壇されます。

 で、昨年うちで上映して大好評を博した『ラジオ・スター』も上映されます。字幕はシネマコリアからレンタルさせていただきました。実は今、関東圏限定(?)で上映されている『ケンカの技術』(by「男たちが熱い!ベスト・アクションズ in コリア」)の字幕もうちで作った字幕の二次利用だったりします。今年のシネマコリアはちょっとお休みさせていただきますが、こんな形で裏でコソコソ(^^;貢献させていただいてます。あとは別の映画祭に上映候補作を紹介したりだとか。。。

 ところで、立命館大学コリア研究センターのセンター長は、あの徐勝さん(知らない方はググッてね)。なので、字幕レンタルの際、先方に書いていただく申込書の署名は徐勝さん直筆だったりします。OH! こんな形で直筆サインをいただけるとは!と、申込書をしげしげと見つめていたりして(笑)。

 それはともかく、センター長が徐勝さんだけに(?)ほかの上映作品も『鯨とり -コレサニャン- 』『ディープ・ブルー・ナイト』『神様こんにちは』『ホワイト・バッジ』『祝祭』と渋いです。80-90年代からのベテラン韓国映画ファンは泣いて喜ぶラインナップですね。そして『光州5・18』も上映すると。

 まだだいぶ先のイベントですが、お近くの方はカレンダーにマークです。そして、遠方の方はホテル&電車の予約準備デス。

第3回RiCKS韓国映画フェスティバル 10/24~26@京都
http://www.ricks2005.com/


 本日は『マーケットの魔術師』という著名トレーダーのインタビュー本を読了。

「本当に成功したいと考えている人なら誰でも成功できる。それはいかにして学ぶかということなのだ」

「勝者は結果について責任を持たなくてはならないことを知っている。敗者は自分には責任はないと考える」

 ええ言葉でございます。
[PR]
by seochon | 2008-08-30 20:38
といっても、番組内での紹介という形で、たぶん映像そのものは30秒以内です。(^^;

 第3話「空港男女」に主演している塩田貞治さん、2002年に「世界ウルルン滞在記」で韓国に行ったことがきっかけとなって、番組終了後に渡韓。現在は日韓で活躍されているわけですが、ウルルンでは塩田さんのその後を取材されたとのことで、出演作「まぶしい一日」も紹介したいというオファーがあったのです。

 ごく短い時間とはいえ、自分たちで配給している小品が地上波でOAされるというのは、ごっついウレシイ話しでございます。しかもメジャーな番組で。権利持ってないと映画祭で上映したらそれで終わりですが、持ってる作品は色々その後もあるのですねん。

 OAは9/14(日)夜10 9時~(9/7修正)の予定だそうでございます。お時間ある方はご覧になってみてくださいませ。

世界ウルルン滞在記
http://www.ururun.com/


 ところで、先週末封切りされた『デトロイト・メタル・シティ』、さっそく見たんですが、これがまたケッサク(←カタカナ書きであることに注意^^;)な映画でした。笑いのセンスが良いのですー。デスメタルを描いたヘヴィメタ音楽映画なんですが、人間誰しももっている二面性とか、一見役にたってなさそうでも人間知らないうちに誰かの役にたっているとか、ちょいと深淵なテーマも内包した、でもやっぱり笑いに包まれているケッサク青春映画でした。

 『デトロイト・メタル・シティ』も「dream」がキーワードになっているんですが、大仰な夢でもささやかな夢でも、夢をかなえた話しでも夢破れた話しでも、一直線な夢でもひねくれた夢でも・・・ どんな形であれ夢を描いた映画は大好きなんでございます。それすなわち青春映画が好物ということにもなりますか。

 今年見た中では『ガチ☆ボーイ』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『DIVE!! ダイブ』『百万円と苦虫女』『ひゃくはち』とかヨカッタナー。あ、全部日本映画ですね。(^^; 最近、韓国映画にこれといった青春映画が見あたらないような気もしますねー。ちょい不満かも。。。
[PR]
by seochon | 2008-08-28 18:37

ぶふぁる!

 みなさま、おこんばんわー

 お久しぶりでございます。

 ここへの書き込み、何ヶ月ぶりだろう~(←人ごとのように・・・(^^;)

 一部に「ソチョン重病説」が出回っていたようですが・・・(笑)
ちゃんと生きてますデス。ふつーに生活してますよっ!

 タイトルどおり「復活」してこれから怒濤の書き込み!となるかどうかは
???なのがナニですが。。。


 ところで、みなさま、うすうすお気づきかと思いますが・・・

 今年は映画祭「シネマコリア」はお休みさせていただきます。
勝手でスミマセン。

 実は2008年は設立10周年にあたるのですが・・・ 記念の年に
お休みしちゃうあたり、マイペースなウチらしいといいますか。
ま、元々定期的に開催するというより、やりたい(やれる)ときに
やるという、のんびり屋さんなスタンスなので。ちなみに、名古屋だけで
開催しているときは年3回とかやってたときもあったんですよね~
なつかひぃ~

 なにはともあれ、勝手でスミマセン。m(_ _)m


 最後に字幕制作会社からいただいた求人情報です。

 シネマコリアで毎年字幕制作を依頼している「ホワイトライン」が
字幕制作スタッフ(翻訳者にあらず)を募集しています。今回は
契約社員、アルバイトのみです(正社員への登用あり)。
毎日出勤するのはチト難しいという方には逆にいいかも知れないですね。
〆切は8月末日です。

 詳細は以下のホワイトラインのHPまで! トップページの「staff募集中!
ご応募はコチラ」という箇所をポチッと押してくださいませ。

http://www.white-line.jp/
[PR]
by seochon | 2008-08-18 00:09