シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ホリデイ』お返事

 『ホリデイ』についてのご質問など、お返事いたします。

1.『ホリデイ』のサントラはありますか?
 残念ですが、韓国でも発売されていないようです。主題曲のビージーズの『ホリデイ』は日本でも色々なCDに収録されています。

2.挿入歌のうち、男の人の渋い声の曲が耳に残っています。名前と曲名を教えてください。
 脱獄が成功した直後くらいに、かかっていた曲ですよね? 字幕チェックのとき、私も気になったので、字幕翻訳をされた千香仙さんに聞きましたところ、チョン・イングォン(전인권)の『たし いじぇぶっと(다시 이제부터)』という曲だそうです。直訳すると『また、これから』。チョン・イングォンは、かなり有名な歌手です。映画『オー!マイDJ』では出演もしていて、彼の『へんじん(행진)→行進』が劇中で印象的に使われています。未見でしたら、是非ご覧になってみてください。

3.『ホリデイ』の元になったチ・ガンホン事件について書かれた書籍はありますか?
 この事件を主題にした本はないのではないかと思います(もし、あるようでしたら、コメントお願いします>皆様)。この事件について触れている書籍でしたら、あります。

『なるほど! これが韓国か -名言・流行語・造語で知る現代史』 李泳釆/韓興鉄著、朝日新聞社、2006年

 この本は、映画を通じて韓国をもっと知りたい!と考えている方には花丸のオススメ本です。李承晩以降の大統領7人のそれぞれの時代について、当時流行った言葉をキーワードにして解説しています。解説の後に、関連映画も紹介されているので、映画ガイドとしても使えます。今回、シネマコリアで上映した作品に関連する記述は、

『ホリデイ』
 「有銭無罪、無銭有罪」
 「緑化事業」 (社会浄化のための保護監護法に関連して)
 「三清教育隊」 (社会浄化のための保護監護法に関連して)
『ラジオ・スター』
 「1度やって、2度やると、やたらとやりたくなる」 (挿入曲『美人』関連記事)
 「僕は知っている」 (歌と政治の関係性について)
『懐かしの庭』
 「ソウル駅回軍」
 「光州共和国」

あたりでしょうか。その他、韓国映画を読み解くためのキーワードが満載です。是非、お読みになってください。


 関連してスタッフのSUMさんが、チ・ガンホン事件についてOAされた韓国のテレビ番組を探してくださいました(Thank you > SUM ssi)。

Daum tv pot 「有銭無罪、無銭有罪」 チ・ガンホン人質劇事件 動映像
人物現代史 「有銭無罪、無銭有罪 チ・ガンホン」

 Daum tv potは、1988年事件発生当時、実際に韓国のテレビでOAされたニュース集です。言葉は分からないかも知れませんが、これは是非ご覧ください。『ホリデイ』のラストシーン、人質立てこもりのシーンは、凝りに凝って実際の映像を再現していることが分かります。心なしか、イ・ソンジェの顔もチ・ガンホンの顔と似ているような気もします。自らを追い込んで役に同化した結果でしょうか。ヤン・ユノ監督もこれらのニュースをテレビで見ていたのでしょう。

 人物現代史は、「人物」をキーワードに時代を読み解くテレビ番組。俳優のムン・ソングンが司会&ナレーターを務めています。私もまだ全部は見てないのですが、当時の関係者の発言などが収録されているようです。

 どちらの映像も貴重な内容です。全部は聞き取れないのが残念! ボランティア翻訳プリージュです。
[PR]
by seochon | 2007-08-29 18:35
 シネマコリア東京会場で、『懐かしの庭』のティーチインのとき、会場から、絶版となってしまっている原作翻訳本の復刊を望む声があがりました。

 いっちょ、やってみますか。方法は確立されているので、そんなに難しくないですよ。

 復刊ドットコム、というサイトがあります。絶版や品切れになってしまった本を復刊させるために、投票を募っているサイトです。そして、人気が高い(=投票数の多い)本については、実際に交渉に入り、権利問題が解決されれば復刊されます。

 投票にあたってはユーザー登録をする必要がありますが、会費などはありません。

 では、どの程度の票が集まれば復刊するのか?ですが、サイトの数字を見るに、200~千の仮予約が集まれば復刊する可能性があるようです。今回、シネマコリア2007で上映した作品は、3会場で合計千人弱の観客がご覧になっていますので、その方々が全員、読みたい!と思われれば、これはかなり現実性のある話しとなります。

 とはいえ、シネマコリアの観客だけでは数的に十分とは言えないと思いますので、復刊活動をネットで広めていただく必要があるかと思います。

 復刊大作戦対象書籍は以下の3冊です。

[1]『懐かしの庭 (上下巻)』 黄晳暎(ファン・ソギョン)著、青柳優子訳、岩波書店、2002年
     http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=39596
[2]『越えられなかった海峡―女性飛行士朴敬元の生涯』 加納実紀代著、時事通信社、1994年
     http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=39624
[3]『飛行家をめざした女性たち』 平木国夫著、新人物往来社、1992年
     http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=39626


 [1]は『懐かしの庭』の原作の翻訳本です。映画とはまたひと味違った内容です。映画を見てから本を読むと、よくこれだけの内容を2時間以内におさめたものだと、ちょっと感心したりもします。

 [2]は『青燕』の主人公、朴敬元(パク・キョンウォン)の一代記です。これは非常に面白い本で、映画で朴敬元に興味を持たれた方には是非、お読みいただきたい本です。映画は、日韓史が物語の一つの軸になっていましたが、この本は、女性史的視点で書かれています。ちなみに、朴敬元については不明な点も多く、映画同様、この書籍も想像で書かれている部分があります。あまり知られていない人物だけに、クリエイターの想像力が重要なウェイトを占める題材とも言えます。『青燕』の朴敬元とは違う、もう一人の朴敬元を知ることが出来る好著です。

 [3]は、飛行機が誕生した時代の女性パイロット14名を一人一章使って紹介した書籍です。朴敬元についても一章割り当てられています。また、劇中、笛木優子が演じていた木部雅子のモデルと思われる実在の女性パイロット木部シゲノにも一章が割かれています。

 投票用のページは既に作ってあります(書籍データの下のURL)。こちらをクリックしていただきまして、じゃんじゃん投票をお願いいたします。『懐かしの庭』だけ買いたい方や、『青燕』関連書籍だけ買いたい方もいらっしゃるかと思いますが、ここはひとつ、同じシネマコリア2007上映作品のよしみで、是非3冊全部ご投票いただければと思います。

 そして、先にも書きましたが、シネマコリアで『懐かしの庭』『青燕』をご覧になった方だけでは、数的にちょっと足りない可能性があります。運営されているブログ、SNSの日記、HP、その他もろもろで、この復刊大作戦をご紹介いただければモア・ベターです。

 首尾良く復刊できれば、そこからの流れで2作品が日本配給される!なんて可能性もゼロではないと思いますので、その辺も込みでご投票のほう、どしどし、お願いいたします!
[PR]
by seochon | 2007-08-28 13:54
 8/25-26@シネコリ名古屋会場、ぶじ終了しました。

 ご来場の皆様、ありがとうございます。m(_ _)m

 名古屋でも、あわや開催中止?!となったかも知れない大トラブルが発生しましたが、調子こいてまた書くと、今度は大阪会場でも何か起こるような気がしてきましたので(^^;、伏せておくことに致します。

 名古屋会場ではいつも楽しみにしていることがあります。上映終了後のお客様のお顔を拝見することです。東京会場は、ティーチインの後、控え室にいったん戻ってしまうので、映画鑑賞直後のお客さんの反応を知ることが出来ません。それに対して、名古屋会場は出口が一つしかなく、お帰りになるお客様お一人お一人に、お声がけすることができるのです。感動作だった場合は、明らかに目を真っ赤に腫らした方が多いですし、簡単な感想をおっしゃってくださる方もいらっしゃいます。

 例えば、東京会場後、ブログやmixiなどを見ていると「『ホリデイ』で泣いちゃった」といった書き込みをよく見かけるのですが、残念ながら私自身は本当に泣いているお客様の姿を拝見してはおらず、そういうお客様の“生”の反応を肌で感じられる名古屋会場は、単に本拠地というに止まらず、私にとってはやはり特別な会場なのです。


 名古屋では、東京で見てまた名古屋にいらした方、大阪会場にさきがけて関西から見にいらした方、東京で見て、名古屋で見て、また大阪でも見る、といったお客様からお声がけいただきました。『ラジオ・スター』でアン・ソンギ演じるパク・ミンスが何度も口ずさむ『美人』の歌詞

 はんぼん ぽ~ご、とぅぼん ぽ~ご、ちゃっくまん ぽご し~むね
 一回   見て、 二回   見て、 何回も    見たいねえ

を実践されている、しゅばらしい方々でした。(^^;

 おっほん。まー、でも、なんですねー やっぱり名古屋は日本の中心だから、どこからでも来やすいんですよね、きっと。ちなみに、遠方からご来場の皆様、8/24-26に会場の栄で、「名古屋・にっぽんど真ん中祭り」なるイベントが開催されていたのはお気づきになられましたでしょうか? 名古屋人はニッポン1が好きなんですにゃー。(^^;


※ コメントでいくつかご質問をいただいておりますが、後日、投稿記事の形でお返事いたします。
※ 『青燕』については思うところあり、別記事で改めて長文したためます。
[PR]
by seochon | 2007-08-27 22:43

東京会場終了

 8/18-19@シネコリ東京会場、ぶじ終了しました。

 ご来場の皆様、ありがとうございます!

 来日ゲストのお見送りは他のスタッフにお任せして、次の名古屋会場の準備のため、速行帰宅しました。


 今年は、ほとほとトラブルが起こる年で、前日8/17に納品されたパンフ1,500部に決定的なミスプリがあり全品返却。あわやパンフなしになるかと思いきや、印刷所の方が発奮して、徹夜で仕上げて当日8/18に納品してくださいました。

 いや~、やれば何でもできるもんですねえ。そのほか、お客様の目に見えないところで、あんなことやこんなこともあったんですが、余裕を持ってクリア。もう、なんでもかかってきなさい!!!

 とゆー気分でございました。(^^;

 と、あんまりエラソーに書くと、また名古屋会場で何か起こるような気もするので(くわばらくわばら)、この辺で。
[PR]
by seochon | 2007-08-20 16:51

名古屋殺人事件

という題名の日本映画が、本日から韓国で封切り。。。

何かと思ったら。。。

『口裂け女』でした。(^^;

精神がない日々の中で。。。

思わず脱力な瞬間でゴザイマシタ。

誰が韓国で配給したのかなあ、この映画。

誰が韓国語の題名、決めたのかなあ。。。

ちなみに、「口裂け女」伝説全盛期に。。。

ワタクシは小学生→中学生にあがり。。。

伝説ご当地(?)だっただけに。。。

塾の帰り際、ホンの数十メーターの暗がりの通りが。。。

とてーも、恐かったのでございます。(^^;

ワタシキレイ?
[PR]
by seochon | 2007-08-09 18:19
なぞ、始めてみました。

詳細はこちら
[PR]
by seochon | 2007-08-07 16:10
 精神のない日々が続いております。(^^; ブログの更新もごぶさたになっちゃってますねー あはは(←笑ってごまかすな!)


 オムニバスの撮影で日本に来ている、ポン・ジュノのインタビューをすることになりました。後日、DVDなどに収録されるようです。

 そこで、ポンちゃんに聞いてみたいことなど、大(?)募集いたします。これ聞いといてちょーよ、という質問がおありの方は、この記事にコメントをお願いいたします。詳細は未定ながら、結構長い時間のインタビューになりそうなので、ことこまかーな小姑チェックな質問でも全然オーケーです。個人的にはポンちゃんのペルソナ(?)かも知れないキム・レハとどこでどう知り合ったのかなど知りたいですね。

 採用された方には、もれなくワタクシの愛を・・・ もうやめます。(^^;
[PR]
by seochon | 2007-08-01 10:30