シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 10月 07日 ( 1 )

 韓国語の学校は、見学の結果、結局、プライベートレッスンに。今週、水曜日からスタート。学校の設立者自ら教えてくれるそう。「私、こんなことやってますよー」というと、面白がって聞いてくれるのがありがたい。ちなみに、通うことになった学校の設立者は、日本人名。「面白い人がいるもんだ、留学経験者かしらん?」と思っていたら、日本に帰化した韓国人でした。日本で活躍する韓国人は多々いるけれど、帰化する人というのはちょっと珍しい気がする。今度、酒でも誘って、どんな経緯でそうされたのか聞いてみようかな。

 ところで韓国語。ここ数年、自筆でハングルを書くことは絶えてなかったので、ほとんど文盲状態。単語も忘れまくっているので、昨日から、一日一本、韓国語の新聞記事を完訳→単語暗記→文章も丸ごと暗記を始める。久しぶりに<勉強>している感じがなんとなく嬉しい。

 シネマコリアでもお世話になっている会社の社長さんから連絡あり。『アドリブ・ナイト』を日本で公開することになったから協力を、との話し。韓国での公開タイトルは『とても特別なお客様』。『チャーミング・ガール』のイ・ユンギ監督第三作。平安寿子の短編小説を映画化した作品。主演は、『春のワルツ』のハン・ヒョジュ、『春夏秋冬そして春』のキム・ヨンミンなど。来年2月頃公開予定と聞く。宣伝はまだまだこれから。何か良いアイディアが思い浮かぶといいのだけれど。。。

 『アドリブ・ナイト』、未見なので、ひとまずDVDを入手。同監督の第二作『ラブ・トーク』はVCDが部屋に転がっていた。これも見よう。けれど『アドリブ~』は原作から読みたい気がしたので、小説も注文。ついでにキネ旬からまもなく出る『新・外国映画ビジネスが面白い!』も予約。

 ノートン・インターネットセキュリティの有効期限が切れたので、最新版の「2008」を購入。「2007」よりも安定感がある感じ。ワンクリック・ログイン機能がついていたので、面白がって使ってみる。
[PR]
by seochon | 2007-10-07 21:20