シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

さよならテハンノ

 シネマコリアのサイト「上映&放映情報」のページで、ロードショー作品のリストを更新しました。ぢつに半年ぶりのことで、これで完璧なのかどうかイマイチ自信なし。(^^; あれが抜けてるよーというのがありましたら、教えて下さいませ。

 で、今年のGW前後に新作韓国映画が連続公開されるんですが、その中でひときわ異彩を放つ作品が。

 それがコレ。

a0101620_1756857.jpg


 『テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる』でございます。

 2003年に劇場公開された映画なので、ロードショーと言っていいのかよく分からんのですが、とにかく映画館でちゃーんとレイトショー扱いになってます。どーゆーこっちゃねん?と配給元に問い合わせてみると・・・

 この作品、今年で権利切れなんだそうです。で、内輪だけの最終上映を開こうと思って映画館に一晩だけスクリーンを貸してくれないか?とふったところ、映画館側が乗り気になってしまって、そのままレイト公開決定となったようです。(^^;

 これってスゴクないですか? 権利切れ前の作品の最終上映をやるのはそれほど珍しいことではないのですが、一回二回上映して終わりじゃなくて、ちゃーんと何週間か公開するんですよ。ホ・ジノの映画が韓流シネマフェスティバルで上映されてしまうこのご時世に。

 やはり、本当に良い作品は時代を越えて受け入れられるのねーとは、この作品に限っては口が裂けても言えないんですが(冷や汗)、ま、前代未聞のすっとこどっこいなカルト・ムービー、これが見納めでございます。

 でも、『片腕マシンガール』がヒットしている今日この頃・・・ まかり間違って、2003年公開当時よりも、最終上映のほうが興収が多かった、とかなったらケッサクだな~

 劇場窓口では、<映画のタイトルを間違えずに言えたら割引サービス>をまたやる計画があるそうです。(^^; ワタシは韓国語でも言えますヨ。それが唯一の自慢です。(^^;;;

 ちなみに、『テハンノ~』はシネマコリアで日本初上映して、その後、劇場公開につながった最初の作品なんでございます。なーんてこと、ご存じでした?


『テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる』
 4月、新宿K's cinemaにてレイト公開
[PR]
by seochon | 2009-03-09 18:00