シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アン・ソンギと一緒に『ラジオ・スター』を見よう!

 2年前から始まった立命館大学コリア研究センター主催による「RiCKS韓国映画フェスティバル」。招聘俳優を決めてからその出演作を特集上映+シンポジウムを開くというイベントですが、今年はアン・ソンギ特集です。もちろんご本人も来日してトーク&シンポに登壇されます。

 で、昨年うちで上映して大好評を博した『ラジオ・スター』も上映されます。字幕はシネマコリアからレンタルさせていただきました。実は今、関東圏限定(?)で上映されている『ケンカの技術』(by「男たちが熱い!ベスト・アクションズ in コリア」)の字幕もうちで作った字幕の二次利用だったりします。今年のシネマコリアはちょっとお休みさせていただきますが、こんな形で裏でコソコソ(^^;貢献させていただいてます。あとは別の映画祭に上映候補作を紹介したりだとか。。。

 ところで、立命館大学コリア研究センターのセンター長は、あの徐勝さん(知らない方はググッてね)。なので、字幕レンタルの際、先方に書いていただく申込書の署名は徐勝さん直筆だったりします。OH! こんな形で直筆サインをいただけるとは!と、申込書をしげしげと見つめていたりして(笑)。

 それはともかく、センター長が徐勝さんだけに(?)ほかの上映作品も『鯨とり -コレサニャン- 』『ディープ・ブルー・ナイト』『神様こんにちは』『ホワイト・バッジ』『祝祭』と渋いです。80-90年代からのベテラン韓国映画ファンは泣いて喜ぶラインナップですね。そして『光州5・18』も上映すると。

 まだだいぶ先のイベントですが、お近くの方はカレンダーにマークです。そして、遠方の方はホテル&電車の予約準備デス。

第3回RiCKS韓国映画フェスティバル 10/24~26@京都
http://www.ricks2005.com/


 本日は『マーケットの魔術師』という著名トレーダーのインタビュー本を読了。

「本当に成功したいと考えている人なら誰でも成功できる。それはいかにして学ぶかということなのだ」

「勝者は結果について責任を持たなくてはならないことを知っている。敗者は自分には責任はないと考える」

 ええ言葉でございます。
[PR]
by seochon | 2008-08-30 20:38