シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『まぶしい一日』地上波OA!

といっても、番組内での紹介という形で、たぶん映像そのものは30秒以内です。(^^;

 第3話「空港男女」に主演している塩田貞治さん、2002年に「世界ウルルン滞在記」で韓国に行ったことがきっかけとなって、番組終了後に渡韓。現在は日韓で活躍されているわけですが、ウルルンでは塩田さんのその後を取材されたとのことで、出演作「まぶしい一日」も紹介したいというオファーがあったのです。

 ごく短い時間とはいえ、自分たちで配給している小品が地上波でOAされるというのは、ごっついウレシイ話しでございます。しかもメジャーな番組で。権利持ってないと映画祭で上映したらそれで終わりですが、持ってる作品は色々その後もあるのですねん。

 OAは9/14(日)夜10 9時~(9/7修正)の予定だそうでございます。お時間ある方はご覧になってみてくださいませ。

世界ウルルン滞在記
http://www.ururun.com/


 ところで、先週末封切りされた『デトロイト・メタル・シティ』、さっそく見たんですが、これがまたケッサク(←カタカナ書きであることに注意^^;)な映画でした。笑いのセンスが良いのですー。デスメタルを描いたヘヴィメタ音楽映画なんですが、人間誰しももっている二面性とか、一見役にたってなさそうでも人間知らないうちに誰かの役にたっているとか、ちょいと深淵なテーマも内包した、でもやっぱり笑いに包まれているケッサク青春映画でした。

 『デトロイト・メタル・シティ』も「dream」がキーワードになっているんですが、大仰な夢でもささやかな夢でも、夢をかなえた話しでも夢破れた話しでも、一直線な夢でもひねくれた夢でも・・・ どんな形であれ夢を描いた映画は大好きなんでございます。それすなわち青春映画が好物ということにもなりますか。

 今年見た中では『ガチ☆ボーイ』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『DIVE!! ダイブ』『百万円と苦虫女』『ひゃくはち』とかヨカッタナー。あ、全部日本映画ですね。(^^; 最近、韓国映画にこれといった青春映画が見あたらないような気もしますねー。ちょい不満かも。。。
[PR]
by seochon | 2008-08-28 18:37