シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

行く年来る年

 ソウル大学の修士課程の学生さんからメールをもらう。

 毎年この時期は、卒論・修論のかけこみで結構日韓の学生さんから問い合わせを受けたりしている。一番多いのは「日本における韓国映画の興行成績を教えて」というもの。ただ、国の公式統計で公開全作品の観客動員数を公表している韓国とは違って、日本には全作品の成績リストはないので、あまり力になれないことが多い。が、今回はちょっと違った。

 くだんの学生さん、修論で「韓日の放送コンテンツの海外進出戦略を比較」されているそうで、映画についてもご意見伺いたいとのこと。質問項目はこんな感じ。

1.韓国の放送コンテンツと比べた場合、韓国映画が日本で人気があった理由は?
2.韓国の映画がもっている強みは?
3.最近韓国のドラマ&映画などのコンテンツの人気が下がってきている。一部では韓流ブームは終わったとまで言われているが、これについてどう思うか? また、これから改善すべき点は?

 皆さんでしたら、どう答えますか?(^^

 この手の聞き取り調査に回答する場合、注意しないといけないのは、こちらは個人的な意見のつもりでも、先方は日本を代表する意見として取る可能性がある、ということ。なので、感覚的な話しは書けない。「ブームが終わったか、終わってないか」についてもまずは客観的な数字が必要、ということで、日本における韓国映画封切り本数なぞ、調べてみました。

日本における韓国映画封切り本数(韓国映画、合作、合計)
 年 韓 合 計
1981 0 0 0
1982 0 0 0
1983 0 0 0
1984 0 0 0
1985 0 0 0
1986 0 0 0
1987 0 0 0
1988 5 0 5
1989 0 0 0
1990 6 0 6
1991 8 0 8
1992 4 0 4
1993 5 0 5
1994 6 0 6
1995 1 0 1
1996 1 0 1
1997 8 0 8
1998 1 0 1
1999 2 0 2
2000 14 0 14
2001 11 2 13
2002 10 2 12
2003 14 1 15
2004 29 4 33
2005 61 3 64
2006 54 2 56
2007 45 4 49

 2006年までは外国映画輸入配給協会の公表データによります。2007年の数字はソチョン調べ。何を持って劇場公開と呼ぶか、何を持って合作と呼ぶかによって数字は微妙に変わってくるのですが、まあ大はずれはしてないはずです。数字は、左から韓国映画、合作、合計。劇場公開された作品のみです。映画祭上映は含みません。ただし、韓流シネマフェスティバルは名前はフェスティバルでも実質は複数作品のワンセット劇場公開なので、数字に含まれています。

 こうしてみると、ピークの2005年から漸減している様子がよく分かりますね。今年は、韓国アートフィルムショーケースとか、キム・ギドクマンダラとか、(韓流シネフェスとは別の)シネマート限定公開映画とか、劇場公開とはイマイチ呼びにくい感じの作品が多かったので、そして全国一斉拡大公開が純然たる韓国映画ではなかったので、実感としてはもっともっと公開本数が減ったような印象があることでしょう。

 さて来年はどうでしょうか? つい先日、韓流シネマ・フェスティバル2008春の開催決定が報じられましたが、ここでの上映作品数が14本。「春」があるということはおそらく「秋」があるわけで(それとも春夏秋冬?!^^;)、年間トータルで韓フェス公開30本弱。アートフィルムショーケースで4本。通常の劇場公開が10~20本で、合計40~50本程度かなあ。韓フェス依存度が非常に高くなるのが気になりますが。。。

 ちなみに、外国映画の公開本数トップは言うまでもなくアメリカ。2位=韓国、3位=フランスという順位は、2004年から2006年まで不動です。

 これらの数字を勘案して「韓国映画ブームについてあなたはどう思いますか?」

1)ブームは継続している。
2)ブームではなく、既に定番ジャンルとして定着した。
3)公開本数だけではなく公開規模・ヒットの有無なども考慮すると、ブームは完全に去った。

というアンケート調査をしたら、今回の質問メールに対しても、ちょっと面白い回答ができたかも、などと思った年末でした。

 皆様、良いお年を。
[PR]
by seochon | 2007-12-31 04:17