シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クリアネス キターーー(゚∀゚)ーーー!!!

 来ましたよ。杉野希妃さんの日本映画デビュー作『クリアネス』の試写状が。

 これが試写状の表紙、ということは多分、作品のメイン・ビジュアルでございます。
a0101620_2293914.jpg

 で、先日、ご紹介したファンサイトに載っていた公開情報、やはりフライングだったようで(^^;、いくつか変更があります。正式なものはこちら。
『クリアネス』
 2008年2月、ユーロスペースほか バレンタインロードショー
 監督:篠原哲雄
 脚本:山田あかね
 出演:杉野希妃(新人)、細田よしひこ、小柳友、高田純次(特別出演)、哀川翔
 原作:十和「クリアネス~限りなく透明な恋の物語~」(スター出版)
     ※ 第1回日本ケータイ小説大賞 大賞受賞作品
 制作プロダクション:ピクニック/「クリアネス」制作委員会/衛星劇場/ブロスタTV/ワコー
 企画・制作:ドーガ堂
 配給:ゼアリズエンタープライズ/ドーガ堂
 http://www.clearness.jp/

 副題はなくなって、タイトルはシンプルに『クリアネス』だけです。ちなみに、クリアネスって clear の名詞形だったんですね。今頃気づきました。どーも、タイトルが覚えづらくって、これまでは「クリオネ」と言い間違えることが多かったのですが(爆)、意味も分かったので、これでもうタイトルばっちし暗記いたしました。

 配給はシネカノンではなくて、ゼアリズさんでした。インディーズ系の作品に強いところです。

 そしてそして! 劇場はユーロスペースです!!

 やー、これはもうちゃんとしたミニシアター単館公開映画ですね。当初は携帯電話で配信するだけなのかな?と思っていたので、こいつはウレシイ。

 キャッチ・コピーは

「淋しさを愛で満たしてくれる、そんな魔法の物語。」
「つながっているのは こころ」


 主題歌は秦基博の「僕らをつなぐもの」。YouTubeにlive動画がありましたので、関心のある方は探してみてください。

 それにしても、先週末は、ドヨンssiが青龍賞で主演女優賞、ヨナssiがロシア杯で優勝。スエssiも確かイ・ジュニクの新作にキャスティングが決まっているし・・・

 わが姫君たちの活躍ぶりは目を見張りますな。ワシも負けてられーん!!(^^;ですムニダ。


※ 杉野希妃さんは、シネマコリアが配給している韓国映画『まぶしい一日』の主演女優で、シネマコリアが俳優としては初めてゲスト招聘した女優さんです。
[PR]
by seochon | 2007-11-28 03:09