シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パク・チャヌクでも大丈夫

 こちらの記事や、こちらの記事で、プレアナウンスさせていただいていたチャヌク本ですが、本日、見本が届きました。

a0101620_0441033.jpg

『パク・チャヌクのモンタージュ』
 キネ旬ムック
 著者 パク・チャヌク
 翻訳 李賢進
 編集協力・監修 ソチョン
 2007/9/19
 2800円+税

 パク・チャヌクの評論・エッセイ、復讐三部作+『JSA』+『サイボーグ』の製作日誌・セルフインタビューなど


 ちょいと値が張りますが、読んで納得!の内容でございます。amazonで調べたところ、9/5から店頭に並ぶようです。タイトル部分をポチッと押して、ご予約お願いいたしますー

 ちなみに、『サイボーグ』の公開にあわせて『もし、あなたなら~6つの視線』のチャヌク・パート再上映計画はあえなく玉砕でございました。しくしく。

 あ、あと、ポン・ジュノのインタビューは無事おわりました。今、東京で撮影している短編映画のロケハンをしているときだったので(ちょうど気温が40度を超えていた頃)、ポンちゃん、どえらい日焼けしてました。ビデオ・インタビューだったんですが、写りをちょっと気にされてましたね(笑)。こちらはまだちょっと先になりますが、ちゃんとした商品の形でどなたにもご覧いただけるようになりますので、期待してお待ち下さい。

 それと、突然ですが、来週ソウルに行くことになりました。なななんと!実に3年ぶり近い訪韓です。新ソウル駅も、復活した清渓川も知らないという・・・ 『懐かしの庭』のオ・ヒョヌ状態。今回は学術研究旅行でございます。きっかけはこちら。韓国映画振興委員会、韓国映画アカデミー、韓国芸術総合学校、映像資料院など視察&取材してまいりまする(正確には私はコーディネートしてるだけなんですが)。

 今年はイー感じの仕事が多いですねー むっふっふ。
[PR]
by seochon | 2007-09-03 01:07