シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

シネコリ日誌7/16

 いつまで続くかとっても怪しい企画。(^^; スタートです。

 韓国カルチャー系のメルマガからシネマコリアの情報掲出について問い合わせ。宣伝担当のOさんに転送。

 韓国側と来日ゲストのフライトの手続きを進める。Y監督は奥様同伴とのこと。I監督はフランス→ソウル→東京の経路をご希望。一番安いチケット入手法を模索する。日本発券、韓国発券、フランス発券と3種類あるけど、フランス発券してもらう手だてが今のところない。多分一番安いのはフランス発券だけれど、どうすればいいんだろう? どなたか良い方法をご存じの方はお教えください。当方フランス語はできません。

 名古屋会場、寺脇研さんに来ていただけることになったので、シネマスコーレの企画担当者に引き継ぎ。あとは頼みます。>Tさん ちなみに、8/26@シネコリ名古屋会場に寺脇さん来名、9月には女性映画祭で『URINARA 祖国 -母のまなざし、息子の声-』の河真鮮監督来名、そして同じく9月には大物監督JJも来名予定。韓流シネフェスは9/1スタート決定。地元のC新聞などに韓国映画の特集記事を載せたい。今週中に一度アプローチしよう。

 東京&名古屋会場の開催要領がまとまったので、印刷をストップしていたチラシ&ポスターの再デザインを開始。とはいっても一部の文言を直すだけなので、作業はすぐ終わる。校正も一回で終了。明日7/17印刷所に入稿。納品は7/23の予定。当初の予定より10日遅れ。

 ちなみに、今年のチラシ表紙&ポスターはチャレンジングなことにブラックです。どえりゃーめだつでしょー。

a0101620_3205974.jpg


 ぴあの担当者に東京&名古屋会場のチケット発券データを送付。明日7/17午前に発売開始日を確認予定。東京は多分今週末から。名古屋は週明けになるかな。チラシもチケットも7/20のプレイベント@名古屋に間に合わなかった。ま、しょうがないか。

 とある韓国の配給会社からメール。向こうから「上映してくれない?」と頼んできた作品を断ったことに対する返信。「残念だけどまた来年宜しく。何か私で力になれることがあったら何でも言ってね」と書いてある。ふひぃーん。いい子だ。ホレたかも。(^^;

 シネマスコーレのTさんからメール。韓国文化研究の大物O先生のメルアドをご本人からの許諾のうえ、教えていただく。東京会場にご招待予定。来てくださるかしら?

 伏見ミリオン座で『キサラギ』を見る。

 キャッチコピーは「自殺したアイドル、如月ミキの一周忌 男、5人 この部屋で事件は起こる」。アイドルお宅のしょーもない映画かと思っていたら、おっとびっくりな大当たり。脚本勝負のすごい作品だった。『運命じゃない人』以来の衝撃。もとは舞台かと思って調べてみると小説の映画化だった。小説版も今度読んでみよう。こういう映画、韓国でウケルかなあ。。。

 帰宅後、東京の宣伝担当Oさんから電話。小一時間打ち合わせる。メールだけだと伝わりきらないことが多いので、最近2~3日に一回はOさんと話ししている気がする。開催要領も確定したので、そろそろ『青燕』に出ているNさんとFさん(韓国ではYさん)に招待状をという話しになる。登壇するしないは別として、監督も来るので、NさんにもFさんにも遊びに来て欲しいなあ。

 メールをチェック。『太陽はない』を上映したいというメールがある。先日は、DVDも廃版になっている『クワイエット・ファミリー』を上映したいけど、どうすれば?といった問い合わせもあった。熱海市からは『青燕』の上映について問い合わせもあり。シネマコリア開催→HPアクセス数アップ→問い合わせアップといった因果関係なのだろうか?
[PR]
by seochon | 2007-07-17 03:27