シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マイ・ホワイト・ココ麺

 昨日は映画の見納めでした。

 栄えある2011年のトリをつとめたのは・・・

 『マイ・ブラック・ミニドレス』

 チラシなどでは“韓国版『セックス・アンド・ザ・シティ』”という惹句が踊っていましたが、監督的には“大卒版『子猫をお願い』”を作りたかったのかな?という感じの作品でした。

 個人的にツボだったのが、主人公たちが演劇映画科卒という設定。韓国には大学に演劇映画科が数多くあるのですが、映画ブームの波に乗って各大学ともどんどん増設。そんなに演劇映画科を作っても就職先ないよ、と数年前から指摘されていました。韓国の映画会社のスタッフと話をしていても意外と演劇映画科卒は少なく、

「演劇映画科の人たちってどういうところで働いてるの?」

「さあ、プーじゃない?」

(一同爆笑)

という会話を経験したことも。劇中、四人の主人公のうち、ひとりは放送作家の卵、ひとりは家庭教師をしながらオーディションを受けまくる毎日、ひとりは留学目指して塾通い、そして最後のひとりが偶然スターの座をつかみ・・・という設定なのですが、どの程度、実態を反映した設定なのか、ちょっと気になるところです。


 終映後、近くの韓国雑貨屋を通りがかったら、今年韓国で大ヒットした“白いスープのラーメン”を売っていたので、モノは試しと買ってみました。

a0101620_22201364.jpg

 左が「ココ麺」、右が「長崎ちゃんぽん」です。まずは「ココ麺」を食してみました。

 日本人は、白いスープというと豚骨をイメージしますが、実は辛いという情報を事前に得てましたので、辛さを抑えるために、その辺の野菜をどかっと入れて、最後に卵を落とします。「辛ラーメン」だったらプロセスチーズを入れて更に味をマイルドにするというB級グルメ技があるのですが、白いスープにチーズもなかろうということで今回はやりませんでした。

a0101620_22203527.jpg

 できあがり。男の料理ですねえ。^^; お行儀悪く、鍋から直接いただきます。こんなところもコリアン・スタイル。

 味はピリ辛の塩ラーメンといった感じでしょうか。今回はスパムを入れましたが、鶏スープなので、鶏肉のほうがウマイかも。

a0101620_22205245.jpg

 体に悪い・・・と思いながらも最後の一滴までおいしくいただきました。

 ジャージャー麺と並んで、韓国映画に最もよく出てくる料理である即席ラーメン。来年あたりスープの色が赤から白に変わっているかも知れませんね。
[PR]
by seochon | 2011-12-28 22:25