シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ヤン・イクチュン&杉野希妃 参加シンポで『けつわり』上映!

 今週末、京都でヤン・イクチュン、キム・コッピ、松江哲明、杉野希妃による公開シンポジウムが開かれ、ヤン・イクチュンの幻の日本インディーズ・フィルム・デビュー作『けつわり』が上映されます。

a0101620_11301149.jpg


<公開シンポジウム> 親子・暴力・越境 ─ 混成アジア映画の可能性
 12月2日(金) 18:00~20:00
 京都大学医学部創立百周年記念施設 芝蘭会館・山内ホール
 入場無料(事前登録不要)

 パネリスト:ヤン・イクチュン、松江哲明、キム・コッピ、杉野希妃
 参考上映:『けつわり』(2006年/27分/監督 安藤大佑/主演 ヤン・イクチュン)

 主催&問合せ:京都大学地域研究統合情報センター
     ciasjimu@cias.kyoto-u.ac.jp(半角で送信してください)
     TEL 075-753-9603(代表)
 http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/Images/konsei.pdf

 『けつわり』は、『まぶしい一日』を上映したシネマコリア2006で、併映した作品です。監督の安藤大佑さんは韓国留学中に『まぶしい一日』の製作に参加。『宝島』編でヤン・イクチュンと知り合い、自作『けつわり』への主演をオファーしたとか。現在、徐々に増えてきている日韓インディーズ・ハイブリッド映画の先駆け的作品です。

 『けつわり』が公の場で上映されるのは、シネマコリア2006以来のこと。半ば“幻の作品”化していた短編映画ですが、今回は『宝島』の盟友・杉野希妃さんたっての願いで5年ぶりの上映が実現したそうです。

 シンポジウムでは、『けつわり』に加えて、ヤン・イクチュン、キム・コッピ、杉野希妃主演の『マジック&ロス』などをフックにした“越境する映画”について、そして韓国バイオレンス映画の定番である親子関係について、語られると思われます。

『けつわり』
a0101620_1129503.jpg 『まぶしい一日』の製作にスタッフとして参加した安藤大佑監督が、祖父の実話をベースに戦時下における朝鮮人と日本人の交流を描く。昭和18年、福岡の筑豊地方。炭鉱から逃げ出してきた朝鮮人坑夫を、いじめられっ子の少年が家にかくまう。次第に心を通わせていくふたりだが、捜索の手は目前に迫っていた。主演は『まぶしい一日』の『宝島』にも出演し、韓国インディペンデント映画界で監督・俳優として活躍するヤン・イクチュン。題名の「けつわり」は当時の炭鉱用語で、仕事を放り出して逃走する人を指した言葉(シネマコリア2006のパンフより)。

予告編 http://www.youtube.com/watch?v=Ax4Taa47svw


 もう一点、現在、NHK佐賀放送局でディレクターとして活躍されている安藤大佑さん(『けつわり』の監督です)のラジオドラマが放送されます。

『些細なうた』
 12月3日(土) 22:00~ FMシアター(NHK-FMで全国OA!)
 作:田坂哲郎 演出:安藤大佑
 出演:松尾れい子、三浦祥朗ほか
 http://www.nhk.or.jp/audio/prog_fm_future.html

 2日続けての安藤監督作品、どうぞお楽しみください。
[PR]
by seochon | 2011-11-28 11:38