シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

インディーズ・プロデューサー杉野希妃と国際映画祭

 シネマコリアで配給している『まぶしい一日』(http://cinemakorea.org/mabusii/)が、明日から始まる第24回東京国際映画祭で上映されます。

■『まぶしい一日』上映スケジュール
 10月28日(金)17:10~19:53
 TOHOシネマズ シャンテ スクリーン2
 ※ 上映後、ゲスト=杉野希妃さんと、司会=石坂健治さんによるティーチインあり。

 この作品に出演した女優の杉野希妃さんが、今、インディーズ・プロデューサーとしても活躍されておりまして、今回の東京国際映画祭・アジアの風部門では、彼女をフィーチャーした特集「女優=プロデューサー杉野希妃 アジア・インディーズのミューズ」が開催されます。そして、その中の一本、杉野さん女優デビュー作として上映されるのが『まぶしい一日』です。

a0101620_152197.jpg

『まぶしい一日』撮影当時の杉野さん

 上映がリリースされて以降は、関係各位から結構お問い合わせをいただいておりまして、今、シネマコリアはちょっとした「杉野希妃・特需」に沸いています。さすがに日本最大の映画祭ですね。上映を決めてくださったアジアの風部門プログラミング・ディレクター石坂健治さんに感謝です。思い返してみると、2006年のシネマコリアで上映したとき、石坂さんには思うところあって特に強くお誘いして『まぶしい一日』をご覧いただいたのですが、5年後にこういう形で実を結ぶとは。。。

 タイミング良く、杉野さんがアジアフォーカスにゲストとして参加されてましたので、現地のライターにお願いして、緊急独占インタビューをとっていただきました。以下の記事になります。

■アジアフォーカス・福岡国際映画祭2011リポート
 『歓待』 杉野希妃インタビュー
 http://cinemakorea.org/korean_movie/column/column227a.htm

 『まぶしい一日』での女優デビューからどういった経緯でプロデューサーになったのか、今年公開された『歓待』のこと、東京国際映画祭でワールドプレミア上映される最新作『大阪のうさぎたち』、そして今後どんな映画作りをされていきたいのか?について語っていただいてます。東京国際映画祭・杉野特集の予習としてどうぞご一読ください。

 付録で巻末に杉野さんのフィルモグラフィーを掲載しました。単なるデータではなくて、ある映画や映画祭での出会いが次の作品にどのようにつながっていったのか、杉野さんの映画製作を支える“人の縁”が分かるような内容にしてあります。このフィルモグラフィーを作っていて思ったのが「杉野さんは本当に映画祭に愛でられた方なんだなあ」ということです。

a0101620_1522383.jpg

シネマコリアで『まぶしい一日』プロモ用に撮った写真 今回初蔵出し!

 今、世界の映画祭は、作品を上映したり完成品をセールスする場としての役割に加えて、「企画段階から映画製作を支援する」ことを始めています。いわゆる“企画マーケット”を開き、世界中から映画製作者が企画を持ち寄って、製作者と投資者のマッチングが国境を越えて行われる。そして映画祭も企画コンペで優秀な作品に支援金を授賞する。そんな動きが活発になってきています。

 杉野さんはインディーズ作品のプロデュース、特に多国籍な監督・俳優・スタッフを起用したハイブリッドな作品を作ることを志向している、今の日本においてはかなり珍しいタイプのプロデューサーです。彼女は世界中の映画祭に参加し、企画マーケットでプレゼンし、秀でた企画と認められることによって受賞し、製作費を集めています。また、映画祭で世界各国の映画人と交流し、その人脈がその次の作品製作にダイレクトにつながっています。そして、完成した作品はまた映画祭を通じて世界に発信されていきます。インディーズで規模が小さいが故に、作品製作には様々な困難がつきまとっていると思われますが、日本国内での興行やDVD売上だけをあてにするのではなくて、映画祭という“窓口”を通じて、世界中から資金を集め、世界の人と映画を作り、世界に向かって作品を発信していく。そんな“外向き”なプロデューサー、杉野さんにとって、映画祭はなくてはならない物でしょうし、また、映画祭側から見ても、杉野さんは映画祭の機能をフル活用して活躍してくれる非常に頼もしい人物、理想的なプロデューサーに映っているはずです。

 今回の特集で、そんな杉野さんの魅力、彼女の映画製作のすべてがあきらかになることでしょう。


■第24回東京国際映画祭 2011/10/22~10/30
 特集「女優=プロデューサー杉野希妃 アジア・インディーズのミューズ」
 上映作:『まぶしい一日』『歓待』『マジック&ロス』『避けられる事』『大阪のうさぎたち』
 http://tiff-jp.net/
[PR]
by seochon | 2011-10-21 15:38