シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画祭シーズン突入!

 いよいよ今週から秋の映画祭シーズンに突入します。まずワタクシが住む名古屋で開催されるのが、あいち国際女性映画祭。もう明日、というか今日からスタートですね。既報の通り、『牛と一緒に7泊8日』と『2lines 私、妊娠しました』が日本初公開されます。イム・スルレ、チミン両監督が来日し、上映時のティーチインのほか、9/9にはトークサロンも開催されます。楽しみ。

 今週末9/9からは福岡インディペンデント映画祭(FIDFF)も始まります。こちらは、韓国のインディーズ・ムービー6本が紹介され、関係者が大挙来日。土日には2時間ずつかけてゲストカフェトークが開催されます。

a0101620_472436.jpg 福岡といえば、アジアフォーカス・福岡国際映画祭が有名ですが、こちらは9/16から。2007年にディレクターが佐藤忠男氏から梁木靖弘氏に交代になりましたが、これを機にこと韓国映画に関しては、インディーズ&アート系の作品紹介に力を入れている様子。今年は、CJ Entertainment の支援の元、韓国映画アカデミーが制作した『Bleak Night(原題)』と、パク・チャヌクの弟でメディア・アート作家のパク・チャンギョン監督作品『浄土アニャン』が上映されます。

 あまり正確ではないですが、おおざっぱに区分けすると、FIDFFは学生&アマチュアの短編が対象で、アジアフォーカスはインディーズであってもプロ仕様の長編がターゲットという感じでしょうか。とはいえ、2008年にアジアフォーカスで『7月32日』が上映されたチン・スンヒョン監督の新作『Where are to go?/どこに行こうか?』が今年FIDFFで上映されたりもするので、まあ本当におおざっぱな区分けです。(^^;

 また、9/22からは、アジアフォーカスの協賛企画として、東アジア映画フェスタ2011 中国&韓国が開催されます。こちらでは、昨年から真!韓国映画祭の作品をまとめて上映していただいています。真!韓国映画祭も、名乗ってはいないものの、実質インディーズ系の作品を紹介する映画祭なので、9月の福岡はコリアン・インディーズ・ムービー天国になりますね。^^

 将来、学生時代の短編がFIDFFで上映され、同じ作家がプロになった時の作品がアジアフォーカスでかかり、一定の商業性を持った作品を作るようになったら、それが真!韓国映画祭を通じて、東アジア映画フェスタで福岡上映される。。。つまり一人のインディーズ作家の成長経路を福岡ですべて見ることができる、なんてことになったら素敵ですね。

 ところで、直訳すると『番人』とでも訳すことになる『파수꾼』ですが、当初アジアフォーカスでは『凍てつく夜に』というタイトルになっていたのですが、最近『Bleak Night(原題)』に改題されました(本当は「原題」ではなくて「英題」なんですけど)。(原題)という但し書きは、劇場公開予定だけれどまだ公開時のタイトルが決まっていない時に付くので・・・ 『파수꾼』、どうやら劇場公開されそうな雰囲気ですね。CJ Entertainment 作品なだけに、CJ Entertainment Japan で配給されるんでしょうか。

a0101620_481320.jpg

『Bleak Night(原題)』 こと 『파수꾼』

 ちなみに映画祭公式サイトには載っていませんが、『파수꾼』は監督のユン・ソンヒョンに加えて、主演男優のイ・ジェフンも来福します。こちらもどうぞお楽しみに。


■あいち国際女性映画祭2011 9/7~9/11
 http://aiwff.com/
■福岡インディペンデント映画祭2011 9/9~9/13
 http://www.fidff.com/
■アジアフォーカス・福岡国際映画祭2011 9/16~9/25
 http://www.focus-on-asia.com/
■東アジア映画フェスタ2011 中国&韓国 9/22~9/27
 問合せ:アジアの心実行委員会 TEL 092-691-8824
[PR]
by seochon | 2011-09-07 04:15