シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

下関で『祝祭』上映

 4/8(金)から始まる「しものせき映画祭」でイム・グォンテク監督の名作『祝祭』が上映されます。上映後には、崔吉城教授による講演「東アジアの映画文化」も。

 『祝祭』もすっかり旧作の部類に入ってしまいましたね。一応、この上映、12月に書いた記事「旧作上映のこととか、ノグンリ事件のこととか」での内容が実現したことになります。元々は『風の丘を越えて~西便制』を上映したいということだったのですが、諸般の事情で『祝祭』の上映になったようです。どちらも劣らぬ名作&上映機会の少ない作品ですから、近郊の方は是非ご覧になってみてください。シャーマニズム研究で高名な崔吉城さんが、どのような視点で「東アジアの映画文化」を語るのかにも注目です!

第10回しものせき映画祭
 4/8(金)~4/10(日)
 『祝祭』上映と講演「東アジアの映画文化」(東亜大学教授 崔吉城)
 http://www.shimonoseki-filmfes.info/
[PR]
by seochon | 2011-03-09 02:08