シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓国インディーズアニメ界のベストカップル

 来年開催される映画祭をチェックしていたら、文化庁メディア芸術祭で、 キム・ヨングン&キム・イェヨン監督の最新作『CITY』が、短編アニメーション部門で審査委員会推薦作品として上映されるのを発見。

 キム・ヨングン&キム・イェヨン監督といえば、今年、名古屋で初開催した「花開くコリア・アニメーション」でゲストとしてご招待した現役の大学生カップルです。下の写真は花コリ in NAGOYA のトークの模様。

a0101620_0192279.jpg


 男性のヨングンさんは落ち着いた感じの理論派、女性のイェヨンさんは社交的な行動派といった趣でしたが、舞台挨拶するとき、Perfumeのように「キム・ヨングンと…」「キム・イェヨンです!」と自己紹介するのがとってもさわやかでございました。「私たちは二人でひとつなんです」といった感じが伝わってきて。

 私はイェヨンさんと話す機会が多かったのですが、非常にオープン・マインドな方でしゃべりやすかったですねぇ。誰とでもうまく接することができるだけでなく、相手から色々な要素を引き出してあげる、そんな能力を持った人なんだと思います。

 というのも、花コリで上映した『お散歩いこ』は、“視覚障害者の感性”を映像で描写した革新的な意欲作。まずは、主人公の目の見えない男の子と仲良くならないと成立しない映画なのですが、勝手に想像するに、男の子と親しくなって、彼から様々な感性や言葉を引き出したのは、イェヨンさんだったのではないかなあと。。。

a0101620_0221247.jpg

『お散歩いこ』の主人公ヨンガンくん


 新作の『CITY』がどんなタイプの作品かは知らないのですが、お二人の人間性が反映された素敵な作品に仕上がっていることでしょう。


第14回文化庁メディア芸術祭
 期間:2011年2月2日(水)~2月13日(日)
 会場:国立新美術館
 作品:『CITY』 原題 都市/2010年/5:00/監督 キム・ヨングン、キム・イェヨン/アニメ
     『DUST KID』 2009年/10:00/監督 チョン・ユミ/アニメ
     『ちいさな恋人』 原題 ちいさな恋人/2010年/4:30/監督 キム・イェウォン/アニメ
 http://plaza.bunka.go.jp/


 一方、こちらは今日届いた『ビー・デビル』の試写状。

a0101620_0271773.jpg


 まるでホラー映画のようなおぞましいビジュアル。ヨングン&イェヨンさんとは真逆に位置する作品だなあ。(^^; 裏面には

 『チェイサー』のナ・ホンジン、『息もできない』のヤン・イクチュンに続く、新たなる才能!

といった惹句が踊っています。

 シアターN渋谷にて、来年ロードショー
[PR]
by seochon | 2010-12-28 00:32