「ほっ」と。キャンペーン

シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります


by seochon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

安藤監督、メジャーデビューの巻

 ひさしぶりに『まぶしい一日』の記事を書いたら…

 安藤さんから近況報告メールが。

 ここで安藤さんについて軽くご紹介。

 安藤大佑さんは、東京外国語大学で朝鮮語を専攻。韓国に留学中、数本の映画制作にかかわる。そのうちの一本が日韓の若手監督・俳優・スタッフが参画した『まぶしい一日』。光復60周年となる2005年に日韓関係を描く作品として企画されたオムニバス映画です。安藤さんは、3本のオムニバス全てに制作スタッフとして参加。第一話の『宝島』では主人公のおじいさんの若かりし日の写真役で出演もされています。そして、この作品で主人公に因縁つける高校生役で出演していたヤン・イクチュンと出会い、親友の間柄に。翌年、帰国して、ヤン・イクチュンを主演に抜擢した映画『けつわり』を制作します。

a0101620_2434959.jpg


『けつわり』撮影中のひとこま
(左)安藤さん、(右)ヤン・イクチュン


 『まぶしい一日』と『けつわり』は、同年開催されたシネマコリア2006で上映されますが、安藤さんは東京&福岡会場で通訳・ゲストとして抜群のパフォーマンスを発揮。そして、翌年、NHKに就職。現在は、佐賀放送局で番組制作をされています。『息もできない』福岡公開時には、来日したヤン・イクチュンの通訳を担当。その以心伝心な通訳ぶりは会場にいた観客に深い感銘を与えました。


 この安藤さんが脚本&監督を担当したドラマが全国放送されます。

「私が初めて創ったドラマ 怪獣を呼ぶ男」
 制作:NHK佐賀放送局
 監督・脚本:安藤大佑
 出演:星野源、長澤奈央、渡辺哲

<放送日程>
 12/10(金)21:30~21:55 NHK BShi
 12/14(火)7:00~ NHK BShi
 12/16(木)23:45~ NHK BS2
 http://www.nhk.or.jp/saga/drama

 これまでもニュース番組などでご活躍なのは知っていましたが…

 ついに脚本&監督メジャーデビューです!!

 フィルムコミッションを通じて怪獣映画のロケ地を探すという内容、そして「私が初めて創ったドラマ」というサブタイトル。安藤さんの実体験も反映された内容になっているんでしょうか? さっそく、ディーガで予約録画セット完了。

 先ほどの記事で紹介した『まぶしい一日』へのコメント、「この作品を否定する人がいたら私が許さない!」じゃないですが…

 無条件で応援したい作品があるというのは幸せなことです。


 それにしても安藤さん。入社3年目でドラマ演出デビューというのがNHK的に早いのか遅いのか分かりませんが、将来は大友啓史( 『ハゲタカ』『白洲次郎』『龍馬伝』など)のようになっていくのでしょうか。

 大友が大森南朋なら、安藤はヤン・イクチュン。近い将来、安藤監督演出&ヤン・イクチュン主演のNHKドラマが全国放送されたら、こんな愉快な話はありません。そして、ドラマ大好評につき映画版も製作され、安藤さんは晴れて映画監督デビュー。そして、ヤン・イクチュンは邦画メジャーデビュー。

 筋書きはばっちり。単なる妄想か? それとも先見の明があるのか?

 とにかく“楽しみ”の一言デス。




[PR]
by seochon | 2010-12-08 02:52