ソチョンのひとりごと

seochon.exblog.jp

シネマコリアの代表が、韓国映画と格闘する日々をつづります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
真!韓国映画祭
from SUM の 韓国News落穂..
「懐かしの庭」のこと
from ひとりごと..(徒然「雑」草)
杉野希妃 初主演映画は篠..
from しぇんて的風来坊ブログ
春のワルツ
from 春のワルツ 最新情報
クローズ 映画
from レミーのおいしいレストラン
映画 学校の最新情報
from 学校へのススメ
笛木優子 画像 関連最新情報
from 笛木優子 画像・動画 最新情..
笛木優子 画像関連 最新..
from 笛木優子 画像・動画 最新情..
『字幕屋は銀幕の片隅で日..
from SUM の 韓国News落穂..
クレジット話の続き。
from SUM の 韓国News落穂..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「花コリ」傑作選 YouTubeほかで無料配信!

 「花開くコリア・アニメーション2012」の開催を記念して、「花コリ傑作選」がネット上で開催されることになりました。昨年の上映作品から20作品あまりをチョイスして、YouTubeほかで無料配信するプロジェクトです。


■「花開くコリア・アニメーション」傑作選
 配信サイト:YouTube IMXオフィシャルチャンネル
         GyaO!など
 配信開始日:3/19(月)より順次スタート
 視聴料金:無料または見放題

a0101620_18191999.jpg
IMXオフィシャルチャンネルのスクリーンショット


 今日現在はYouTubeだけですが、今後GyaO!などでも順次配信されていきます。現在視聴可能なのは以下の6作品です。

 『EATING』(チャン・スンウク)
 『最高の食事』(キム・ウネ)
 『公共マナー』(パク・ハンジェ)
 『日常の中の生』(キム・ジュン)
 『風が通り過ぎる音』(リュ・ムソン)
 『Thembi's Diary』(キム・ジス)

 来週以降も配信作品は順次追加され、最終的には20作品あまりが鑑賞できるようになります。今後、配信予定の作品は以下の通りです。

 『パパの子守唄』(キム・ヒョンギョン)
 『Mom』(チャン・ウクサン)
 『猫我(ミョア)』(カン・ミンジ)
 『No.1009』(イ・スンミン)
 『ある一日』(チョン・ミニョン)
 『ダーツ』(チョ・ソンビン、ハム・ギス)
 『Birthday Party』(チョ・ジュサン)
 『思い出という名の歌』(チェ・ジンソン)
 『憂うつな角砂糖くんの話』(チェ・ゴウン)
 『ちいさな恋人』(キム・イェオン)
 『旅行カバン』(クォン・ヨンファン)
 『Kopi Luwak』(ハン・ジウォン)
 『金魚鉢』(キム・アラ、キム・ハンチョル、ファン・ヘジュ)
 『9人の夫をもつ女』(シン・ヘジン)
 『Six Steps』(パン・ジュヨン)


 ちょっとした裏話(?)をしますと・・・

 今回の配信は無料ですが、鑑賞時にCMが挿入されます。そのCM料の一部が韓国側(=作家)にバックされるシステムになっています。ですので、再生されれば再生されるほど、間接的にインディーズ・アニメーション作家の皆さんを製作支援することになります。大きく見れば、映画というものはすべからく鑑賞することが監督ほか制作陣を支援することになるのですが、今回はそれがよりダイレクトに反映されるような契約になっています。

 映画祭などで作品をご覧になり「韓国のインディーズ作家の人たち、頑張っているなあ。何か私でも役に立てることはないかしらん?」と思われている皆様、どうぞ、このネット配信動画をご覧下さい。作品を無料で楽しみながら、作家に対して制作資金を支援できるなんて、一石二鳥です。


 なお、今回のプロジェクトは、昨年の花コリ2011東京会場にご来場いただいたマイ・フレンドIMXのMさんに関心を持っていただいたのがきっかけで実現しました。持つべきは友。記して感謝いたします。


■花開くコリア・アニメーション2012
   ~韓国アニメーションでお花見はいかが? 話題の短編・長編26作品を一挙上映!
 東京:4/7(土)・4/8(日)@アップリンク・ファクトリー
 大阪:4/14(土)~4/19(木)@PLANET+1
 名古屋:5/12(土)・5/13(日)@愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF
 http://anikr.com/

a0101620_1819851.jpg

[PR]
# by seochon | 2012-03-20 18:27

シアターカフェ開店準備レポ

 先日、4/1にオープンするシアターカフェさんにお邪魔してきました。使わなくなったレーザープリンターを寄付するためです。

 場所は名古屋最大の商店街「大須商店街」の一角、七ツ寺共同スタジオの近く。地下鉄の駅で言うと上前津と大須観音のちょうど中間地点くらい。大須通りに面した焼き肉屋さんの2Fにあります。入り口は表通りには面しておらず、建物の裏手にまわったところにある階段を上がっていくと・・・

a0101620_18192824.jpg

 こちらが入り口です。ドアが全面ガラス張りになっていて、店の奥まで見渡せる開放感のある作り。中に入ると、まずはギャラリーエリアがあります。

a0101620_18194510.jpg

 中央のピンクの柱の右手がギャラリーエリア。4/1の開店時には「大須レトロ 映画館編」の展示が行われます。GWの4/28からは花開くコリア・アニメーションの原画展が開催されますので、乞うご期待です。

a0101620_1820047.jpg

 店奥からギャラリーを撮ったところ。お邪魔した日は、電気・ガス・水道などが開通し、これから開店準備を始めようかという日。イスやその他の備品が梱包されたまま整然と並べられていました。

a0101620_18201528.jpg

 ギャラリースペースを越えて進むと上映スペースへつながる通路があります。右手が厨房。その前にあるカウンターにも一人客などが座れるようになるのかな。

a0101620_18203291.jpg

 厨房を上映スペース側から撮った写真。入り口では不動産屋さんとお店の人が打合せ中。そうしている内にも、プロジェクターが到着したり、冷蔵庫を搬入する業者さんから電話連絡が入ったりと慌ただしい雰囲気。

a0101620_18205682.jpg

 こちらが店の一番奥にある上映スペース。天井がかなり高く、表通りに面した壁面が全面ガラス張りになっているため、思ったよりも広く感じます。向かって右側の壁面に80インチクラスのスクリーンを入れて、ハイビジョン・プロジェクターを天井吊りするとか。スクリーンまでの距離があまりないため、スクリーンに対してコの字型にイスを並べて15席くらいの予定だそうです。トークなどの時は20人は余裕で入りそう。最近、アップリンクの浅井さんがミニシアターより更に小さい「マイクロ・シアター」という概念を提唱されていますが、まさしくマイクロ・シアター準拠の上映スペースになりそうです。

 4/1の開店後しばらくはカフェのみの営業となりますが、4/14からはいよいよお待ちかねの上映が始まります。オープニング上映作は、『婚前特急』の前田弘二監督がメジャーデビュー前に撮った短編『鵜野』と『ラーメン』。そして、ななななんと4/21からは「チカラはある ナマエはまだない」のキャッチコピーで有名な「NO NAME FILMS」が一週間開催されます。この企画、東京開催時からチェックしていたのですが、「名古屋はスルーされるんだろうな・・・」と思っていたので、とてーもウレシイです。名古屋シネマテークあたりでやっても全然おかしくない好企画。こういうプログラムが上映されるというだけでも、さっそくシアターカフェはその存在価値を名古屋のシネフィルにアピールすることになるでしょう。

 ところで私大きな勘違いをしていました。「シアターカフェ」は、あくまで「カフェ」がメインで「シアター」は従、上映は週末にちょっとだけ・・・という感じを想像していたのですが、実際はその逆で、「カフェ」が従で「シアター」が主。「NO NAME FILMS」などは、定休日を除いて、開店時間中ほぼずっと上映されています。これはもう、名古屋に新しいミニシアター、いやマイクロ・シアターが出来たと考えた方が良さそうです。

a0101620_18211826.jpg

 最後に、シアターカフェを立ち上げたお二人をパチリ。右が代表の江尻さん。左がディレクターの林さん。

 お忙しいのにもかかわらず、小一時間ほどおしゃべりさせていただきましたが、江尻さんは先週末、大阪アジアン映画祭に行かれていたそうで、私と同じくシネ・ヌーヴォで「アジア次世代最強短編」をご覧になっていました。これは韓国・台湾・日本の新世代監督による短編集なのですが、日本の『救命士』(完山京洪監督、津田寛治主演)が「スバラシイ!」ということで意見が一致。さっそく監督・プロデューサーに名刺を渡されたそうで、この『救命士』もシアターカフェで上映される時が来るのかも知れません。
 

■シアターカフェ
 4/1、大須にてオープン!
 http://www.theatercafe.jp/
[PR]
# by seochon | 2012-03-17 18:37

大阪アジアン映画祭ゲスト決定!

 いよいよ来週末から始まる大阪アジアン映画祭。ゲスト決定!のリリースが届きましたので、韓国&関連映画の来場予定者をお知らせします。


『道 ~白磁の人~』 3/9(金)19:00@梅田ブルク7 監督/高橋伴明 主演/吉沢悠

『青い塩』 3/10(土)18:30@梅田ガーデンシネマ 監督/イ・ヒョンスン

『ドメスティック・バイオレンス』 3/11(日)12:45 or 3/12(月)20:50@シネ・ヌーヴォ 監督/ミン・ソンヒョン

『大阪のうさぎたち』 3/12(月)20:50@シネ・ヌーヴォ 監督/イム・テヒョン プロデューサー/小野光輔 出演/杉野希妃、ミン・ジュノ

『レッド・バカンス ケラン・ハンパン ブラック・ウエディング』 3/14(水)15:50@ABCホール 監督/キム・テシク、寒竹ゆり

『サニー 永遠の仲間たち』 3/18(日)15:30@ABCホール 監督/カン・ヒョンチョル


 キム・テシク監督は、コンペティション部門・国際審査員も兼ねての来日となります。

 公式サイトにはまだゲストは記載されてないようですが、明朝以降更新されていくと思います。


第7回大阪アジアン映画祭
 3/9(金)~3/18(日)
 http://www.oaff.jp/
[PR]
# by seochon | 2012-02-28 23:30

花コリ2012 やりますよん


 韓国のインディーズ・アニメーションを上映してご好評いただいております「花開くコリア・アニメーション」の公式サイトが本日リニューアルオープンしました。

■花開くコリア・アニメーション2012 公式サイト
 http://anikr.com/

a0101620_23253775.jpg


 2008年から始まった上映会ですが、早くも5年目の開催となります。シネマコリアが主催している名古屋会場は2010年からですから3年目ですね。

 韓国に限らず、インディーズ・アニメーションというもの自体に詳しくなかったので、始めた当初は、上映作品にしても来日ゲストにしても、韓国側の主催パートナー、韓国インディペンデント・アニメーション協会の薦めるママ・・・という感じだったのですが、その後、日韓のアニメーション映画祭に足繁く通うなど猛勉強しまして(?)、今年は上映作品&ゲスト共にシネマコリアのリクエストをかな~り聞いてもらっています。もちろん、相手あっての話なので、なにもかも希望通りとは行きませんが、自分たちの考えが強く反映されているという意味で、今年の花コリは満足度↑デス。逆に言うと、これで失敗したら韓国側から「ダメじゃん」と言われるので(^^;、絶対成功させないといけないわけですが。


 さて、今年の花コリ、いつも通り東京を皮切りに大阪・名古屋と巡回していきます。

■東京会場 4/7(土)・4/8(日)@アップリンク・ファクトリー
■大阪会場 4/14(土)~ @PLANET+1
■名古屋会場 5/12(土)・5/13(日)@愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF

 気になる上映作品は、今のところ短編3プログラムのみ公表しています。今後、長編、大阪特別プログラム、ゲスト、イベント、スケジュールなど随時アップしていきますので、チェケラッチョ!よろしくお願いいたします。公式サイトの他にも、ブログやら、ツイッターやら、フェイスブックやら、色々ありますので。


 ちなみに、今年の短編Bプログラム「City」では、昨年の名古屋ゲスト、スギョン&ホン・ウンジ監督の新作『ソウルに暮らす子猫』、そして一昨年の名古屋ゲスト、キム・ヨングン&イェヨン監督の『City』が上映されます。名古屋の花コリ・ファンの皆様、どうぞご期待下さいませ!
[PR]
# by seochon | 2012-02-20 23:42

大阪アジアン映画祭ラインナップ速報!

 3月に開催される大阪アジアン映画祭のラインナップがリリースされました。

 宣伝担当の方から添付メールでいただいたのですが、受信したのはなんと深夜の1時過ぎ。映画祭の開催1~2ヶ月前=修羅場というのは分かっていますが、本当にお疲れ様です。

 かくいう私も「花開くコリア・アニメーション2012」の宣伝資料をまとめていて、こんな時間まで起きているのですが。ははは。^^;


 では、韓国映画および韓国関連映画のみ速報でお届けします。さすがにもう寝たいので^^;、テキストはリリース文そのままです。横着者でスミマセン。ご容赦ください。


■特別招待作品部門

オープニング作品
『道 ~白磁の人~』 MICHI~Hakuji no Hito~(仮)
 ★高橋伴明監督、吉沢悠 舞台挨拶(予定)
 2012年/日本/120分(予定)/配給:ティ・ジョイ
 監督:高橋伴明
 出演:吉沢悠、ペ・スビン、酒井若菜、石垣佑磨、塩谷瞬、黒川智花、近野成美、市川亀治郎、堀部圭亮、田中要次、大杉漣、手塚理美
 ★ワールドプレミア上映★

 1914年、一人の青年が日本統治時代の朝鮮半島に渡った。生き物を友に、自然を師に、不当や迫害と闘った林業技師・浅川巧。苦しんでいた朝鮮の人々を敬愛し、白磁に代表される朝鮮工芸の継承に努めた男の信念と、現地で育んだ熱い友情を描く。吉沢悠(『孤高のメス』)、ペ・スビン(ドラマ『朱蒙』『トンイ』)という日韓の人気実力派俳優を主演に、ベテラン社会派監督・高橋伴明が韓国人クルーとともに、今も韓国人に愛され続ける浅川巧の人間像と、歴史に秘められた感動的なエピソードを映画化する意欲作。日本で最初の韓流ファンともいうべき浅川巧の気骨を今、知るべし!


『青い塩』 Hindsight
 2011年/韓国/122分
 監督:イ・ヒョンスン
 出演:ソン・ガンホ、シン・セギョン、チョン・ジョンミョン、イ・ジョンヒョク、キム・ミンジュン、ユン・ヨジュン
 ★ジャパンプレミア上映★

 闇組織のボスだったドゥホンは足を洗い、釜山で静かに暮らしている。料理教室で出会ったセビンと親しくなるが、実は彼女は闇組織からドゥホン暗殺を命じられた殺し屋だった……。大ヒット恋愛映画『イルマーレ』のイ・ヒョンスン監督による11年ぶりの新作。韓国を代表する名優ソン・ガンホをはじめ、実力派ぞろいのキャストが魅せる新たな愛の物語!


『レッド・バカンス ケラン・ハンパン ブラック・ウエディング』(仮) Red Vacance Black Wedding(仮)
 2011-12年/韓国/120分
 監督:パク・チョルス、キム・テシク、寒竹ゆり
 出演:チョ・ソンムク、アン・ジヘ、オ・イネ、イ・ジンジュ
 ★ワールドプレミア上映★

 日韓3監督による、不倫をテーマにしたオムニバス。キム・テシク監督(『東京タクシー』)のパートは不倫旅行に男の妻が参加する「レッド・バカンス」。パク・チョルス監督(『家族シネマ』)のパートは、中年の教授が結婚を控えた教え子と不倫に陥る「ブラック・ウエディング」。釜山国際映画祭で上映されたこの2作品版に、寒竹ゆり監督(『天使の恋』)の短編を加えた3部作完全版!


『サニー』(原題) Sunny
 2011年/韓国/124分
 監督:カン・ヒョンチョル
 出演:ユ・ヒョジョン、シム・ウンギョン、カン・ソラ、コ・スヒ、ホン・ジニ
 ★ジャパンプレミア上映★

 アラフォー主婦が数十年ぶりに同級生に再会。そこから自分たちが最も輝いていた80年代と女子グループ「サニー」の思い出が次々によみがえる。原色ファッションにポップ音楽、血気盛んな雰囲気など’80sの要素満載! アラフォー女子でなくても楽しめる快作コメディは昨年韓国で予想外の大ヒット! 監督は『過速スキャンダル』のカン・ヒョンチョル。


『大阪のうさぎたち』 Two Rabbits in Osaka
 2011年/韓国・日本/70分
 監督:イム・テヒョン
 出演:杉野希妃、ミン・ジュンホ、松永大司、ソ・ウナ
 ★関西プレミア上映★

 原因不明の現象により人類の90%が死亡した。唯一、無事な街で、不安と焦燥に駆られる男と女は最期を共に過ごすことにするが……。監督イム・テヒョン(『遭遇』)、主演の杉野希妃(『マジック&ロス』)、ミン・ジュンホ(『遭遇』)が昨年、OAFFゲスト来阪中に中之島を舞台に撮り上げた、本映画祭と縁の深い一作。近未来風の大阪が新鮮!


アジア次世代最強短編
『ドメスティック・バイオレンス』 Domestic Violence
 2012年/韓国/29分
 監督:ミン・ソンヒョン
 出演:ハン・キジュン、パク・キサン、ジョ・ジュンへ、イ・スンウ、ミン・ジュンホ
 ★ワールドプレミア上映★

 人間は、バイオレンスに囲まれて生きている…。ミン・ソンヒョン監督、衝撃のデビュー作。


■インディ・フォーラム部門

『蒼白者』 A Pale Woman
 2012年/日本/98分
 監督:常本琢招
 出演:キム・コッビ、忍成修吾、中川安奈、木村啓介、長宗我部陽子、宮田亜紀、李勝利、渡辺護(特別出演)

 ヒロイン・キムが日本に戻ってきた。最愛の男・シュウを汚れた世界から救い出すために。そのための危険な計画を、ためらうことなく進めていくキム。しかしその行く手には、大きな試練が待っていた……。


『ホーム・スィート・ホーム』 Home Sweet Home AKA:Sins of Fathers
 2011年/韓国/95分
 監督:ムン・シヒョン
 出演:キム・ヨンフン、ユ・エキョン、イ・グァンス、ベク・ソルア、キム・ジョンス、キム・ボムジュン

 ビジネスマンのテスは友人の債務を背負い一夜で破産。妻と喧嘩の末、ひとりで小さな個室に引っ越す。そこに住む未成年の娘がテスに近づいてくるが、娘の父親が介入し混乱する…。ここ数年、韓国でも問題視されている格差社会の中で崩壊する家族を描く。



 残念なことにコンペティション部門に韓国映画はありません。

 それにしてもキム・コッピ、ゆうばり他、日本各地で大モテですね。

 そのほか、台湾で記録的大ヒットとなった『セデック・バレ』2部作なども上映されます。分かっちゃいるけど、こういう作品を-誰もが見たいと思っているあの作品!を-当然のように持ってこられるのは、サスガ暉峻さんですね。

 個人的には、ひとつ下の記事で紹介したネパール映画『道端の花』が特別招待作品部門で上映されるのがとてーもウレシイです。『大阪のうさぎたち』も上映されるし、また杉野さんにも会えますね。うふ。*^^*


 チケットは今週末2/11(土)から発売開始とのことです。

 詳細は映画祭・公式サイト(http://www.oaff.jp/)をご覧ください。今、チェックしたらまだ最新情報は掲載されてないようですが、明朝以降更新されると思います。


 では、寝ます。ぐう。。。
[PR]
# by seochon | 2012-02-07 03:54